2014年10月アーカイブ

自分の資産がかかっている

FXで保証金というのは損失がどれくらい出てもいいと、頭から許容範囲を決めておく目安になると思っていた方がいいかもしれません。為替相場は急激に下がることもよくあります。株のように銘柄ごとの不祥事や業績が関連していなかったとしても政治がかかわったりテロや原油価格の変化によっても変わります。あまりにも急激に動いてしまった場合には保証金だけを担保にしていたのでは、補充が間に合わないこともあります。保証金では損をカバーできなくなることもあるのです。

FX 比較的、すぐの間に数分で保証金が0になってしまうというケースもあるので、追加できる額で、自分が損をしてもよい許容範囲で行いましょう。FXやくりっく365 比較してもこの保証金に関してはすごくわかり難い部分かもしれません。

しかし、自分の資産がかかっているのできちんと理解してからFXをスタートさせましょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。